AGA治療にかかる費用は治療法によって大きく変わる

テレビCMや雑誌広告等でも盛んに宣伝されている通り、AGA(男性型脱毛症)は、病院で治療することができます。

薄毛に悩んで育毛剤をかたっぱしから試していた方にとって、薄毛を病院で治療することができるというのは、本当にうれしいことですよね。

ただ、病院でのAGA治療においては健康保険を使うことができないため、「薄毛を改善するためには一体どのくらいの治療費がかかるのだろう」と不安に思われている方も多いかと思います。

AGAの治療費は、どういった治療方法を選択するのかによって大きく変わってきます。

ただどの治療法を行うにしても必ずかかってくるのが、初診料です。

この初診料はクリニックによっても変わりますが、概ね5,000円程度であるようです。

そして診察の結果、薬を使った治療を行うことになった場合、薬代として毎月1万円程度の費用がかかります。

またこの他にも、クリニックによっては薬を出すための処方箋料が1,000円程度かかることがあります。

また最近はHARG療法や発毛レーザー治療といった最先端のAGA治療もおこなわれるようになっています。

HARG療法とは頭皮下に発毛を促進する成分を注入する治療法のことで、1回の施術には10万円から20万円程度の費用がかかります。

そしてこの施術は1回ではなく6回から10回程度行う必要がありますので、最終的には100万円~200万円程度の費用がかかることになります。

また発毛レーザー治療においても、同じ程度の費用がかかります。